親善大使就任

親善大使 故 今井雅之

今井が亡くなり、早3年が経とうとしています。当時を思い出すと、公演中であった舞台に立ちたい、映画の完成を見とどけたいという一心で、病と闘っていた今井の姿ばかりが思い出されます。

今井は、どんなにつらくても涙をみせることはありませんでしたが、痛みや不安で苦しかったと思います。亡くなる直前まで、テレビに出演させていただいておりました。世間の皆さまに「早期発見の大切さ」「がん検診に行ってほしい」と伝えたかったからだと思います。

今井が最後まで伝えたかったことを、もっと多くの方にお伝えできる機会だと思い、このたび今井雅之を親善大使に任命いただけたことに感謝いたします。 一人でも多くの方が、がんで亡くなることの無いよう、心より願っております。

今井協子
メッセージをダウンロード(PDF)
トップへ